ダルグリッシュの正式監督就任を望むカイト

「ファンだけじゃなく、選手にとってもレジェンド」
リヴァプールFWディルク・カイトは、ケニー・ダルグリッシュ監督の手腕を高く評価しているようだ。チームの不振を受けて、1月に今シーズンいっぱいという契約でリヴァプールを率いることになった指揮官は、見事にチームを浮上させ始めている。

MFスティーブン・ジェラードやDFジェイミー・キャラガーがすでにダルグリッシュ監督を称賛しているが、カイトも同じ気持ちでいるという。イギリス『スカイ・スポーツ』で、カイトが次のようにコメントした。

「結果やチームのムードを見たら、彼に続けてもらわなければいけないと思うよ。ファンにとってだけじゃなく、彼は選手にとってもレジェンドなんだ。ストライカーとして、僕を助けてくれたりもしているよ」

「彼は僕たちを信頼した。僕たちのみんなが一流であると話をして、僕たちを助けるためにここに来たと言っていたね」

また、チェルシーへ移籍したFWフェルナンド・トーレスについても話している。

「トーレスは、彼にとって2番目の言葉である英語で(移籍の理由を)説明するのが難しいと言っていた。彼はトロフィーを獲得したいんだ。チェルシーの方が大きなチャンスがあると考えているね。僕たちは、彼が間違っているということを証明したいと思っているよ」