thumbnail こんにちは,

「お金ではなく、野心の問題」

マンチェスター・シティは7日、クラブの公式HPを通じて、ヴォルフスブルクからFWエディン・ゼコ(24)を獲得したことを発表した。選手は4年半の契約にサイン。背番号は10に決まっている。

メディカルチェックをパスした後のゼコが、次のようにコメントを残した。

「昨年夏に移籍が話題になってから、長い時間が掛かった。今日まで、ヴォルフスブルクが僕を売りたがらなかったんだ(笑)。飛び交った噂は多すぎたね。でも、僕の頭ははっきりしている。僕はいつも、シティに最も興味を持っていた。シティは今シーズン、うまくやっている。テレビで何度も試合を見たよ。もう噂は終わりだ。これから、自分のベストを尽くしていきたい」

「みんなはシティでたくさんのお金をもらうと言っているけど、大事なことじゃない。野心の問題だよ。マンチーニ監督と話をした。『君にとって、最高のクラブだ』と言われたんだ。テレビの中の存在だったテベスやトゥーレなどと同じチームだし、ボアテングやコンパニのように、これまでに一緒にやったことのある選手もいるね」

「クラブがなぜ僕にお金を出したのか、ファンにはそれを示したいと思う。周囲はゴールを期待している。もちろん、僕はゴールを決めたい。でも、一番の狙いはチームの成功だ。自分のスキルについて話したくないね。それは周りが判断することさ。でも、自分のクオリティーは分かっている。フィットしているときは、恐れるものはないね」

関連