王者ユナイテッド、昇格組バーンリーに不覚

リヴァプールはストークに圧勝

19日にプレミアリーグ第2節の4試合が行われた。

開幕戦で勝利を収めていた昨季の王者マンチェスター・ユナイテッドは、第2節で早くもつまずいている。敵地で昇格組のバーンリーと対戦したユナイテッドは、0-1で敗れてしまった。バーンリーは19分、左サイドからのクロスボールがファーサイドの競り合いでこぼれたところを、ブレークが強烈なボレーで叩いて先制。前半終了間際には、ゴールを決めたブレークが自陣エリア内でファウルをしてしまうが、ユナイテッドはこのPKをキャリックが外してしまった。後半はおおむねユナイテッドペースで進んだものの、バーンリーの守備も堅く、バーンリーが1-0で逃げ切りに成功している。

一方、開幕戦を落としていた昨季2位のリヴァプールは、第2節で立ち直りを見せた。4分にエースのフェルナンド・トーレスが先制点を挙げると、前半終了間際にはセットプレーからグレン・ジョンソンが豪快なアクロバット・ボレーを決めて2-0でハーフタイムへ。78分にカイトが3点目を挙げると、ロスタイムにはヌゴグのダメ押し弾が決まり、リヴァプールが4-0で快勝した。

また、そのリヴァプールを開幕戦で撃破したトッテナムの勢いは継続中だ。敵地でのハル・シティ戦に5-1で大勝している。10分にデフォーのゴールで先制すると、14分にはパラシオスが加点。その後、ハントに1点を返されたものの、デフォーが前半終了間際に追加点を奪い、3-1として後半を迎えている。すると、78分にロビー・キーンが試合を決定づける4点目を奪って勝負を決めると、最後はデフォーがハットトリック達成となる5点目を決め、トッテナムが快勝している。

バーミンガム対ポーツマスの一戦は、終了間際にマクファーデンのPKが決まり、バーミンガムが1-0で勝利した。