柴崎岳、テネリフェでついに公式戦デビューを果たす…レウス戦で途中出場

柴崎がついにテネリフェで実戦デビュー。途中からピッチに入り、スペインでベールを脱いだ。

テネリフェに所属するMF柴崎岳がついに公式戦デビューを果たした。

テネリフェは19日、リーガ・エスパニョーラ2部第30節でレウスと対戦。2試合連続でベンチ入りを果たした柴崎は、74分から交代でピッチに入り、ついにスペインデビューを果たした。

また、ホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎を「チームのプレーに連続性を与えられる。素晴らしい技術があるからね。ただし彼は1対1に勝てるのではなく、連係プレーを得意とするタイプだ」と評価。リーグ戦残り12試合でどれほどチャンスを得られるのか注目だ。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。