thumbnail こんにちは,

アーセナルや中国からのビッグオファーを断ってドルトムントに残り続けているオーバメヤンだが、スペイン移籍を実現させるのは難しいかもしれない。

レアル・マドリーは、ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤン獲得を望んでいないのかもしれない。ドイツ『シュポルト・ビルト』やスペイン『アス』が報じている。

かねてからレアルへの移籍を自身の「夢」だと公言してきたオーバメヤン。マドリッドに拠点を置くメカクラブもガボン代表FWを来夏に向けた補強候補に含めていたようだが、ここに来て思わぬ障害に出くわしたとみられる。

その障害とは、ジネディーヌ・ジダン監督だ。ジダン監督はFWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルらを擁する現在の攻撃陣に満足しており、前線の補強を考慮していないとされる。またフランス人指揮官は自身の指揮するチームにオーバメヤンが適応しないと考えている様子だ。

現在27歳のオーバメヤンだが、レアルには以前元オランダ代表のルート・ファン・ニステルローイを30歳で獲得した過去がある。年齢は問題にならないとされるが、就任以降結果を出し続けているジダン監督が首を縦に振らなければオーバメヤンの移籍実現は難しいと言えそうだ。

関連