thumbnail こんにちは,

バルセロナは来季からのメインパートナーとして楽天株式会社と契約を締結。同クラブのバルトメウ会長が、楽天と契約を結ぶに至った経緯を語っている。

16日、バルセロナは来季からのメインパートナーとして楽天株式会社と契約を締結したことを発表した。同クラブのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、楽天と契約を結ぶに至った経緯を語っている。

欧州随一のビッグクラブに、日本企業が参入する。バルトメウ会長はDFジェラール・ピケとその恋人であるコロンビア人歌手シャキーラの存在が契約締結へのきっかけになったと明かした。

「シャキーラとピケは以前から三木谷氏と仲が良かった。彼らは2014年にサンフランシスコで夕食をする約束をしていたのだが、そこに我々もご一緒させていただき、楽天の関心や将来について話をさせてもらった。ピケにはとても助けられたよ」

「今回の合意はバルセロナにとって素晴らしいものだ。ピケはこのクラブの一員で、楽天と合意に至るまでのステップをいくつか知っている。すべてではないけれどね。バルセロナは頂いたオファー、正確には5社からだったが、そのすべてに感謝している」

今季限りで契約が満了するカタール航空に対しては、感謝の意を述べている。

「我々はカタールのファンドとカタール航空に感謝している。彼らの貢献により、クラブに安定がもたらされた。仮に我々が彼らと新契約の可能性を模索していたとしても、契約は2017年6月30日に満了することになっていただろう。多くのスポンサーがバルセロナに興味を持ってくれていた。それに対し、我々は常にオープンでいなければならない。いかなる扉も閉ざすことはできないんだ」

関連