thumbnail こんにちは,

スピードとテクニックを兼ね備えたウィンガー

マンチェスター・シティは6日、アトレティコ・ナシオナルに所属していたFWマルロス・モレノ(19)の獲得及び、同選手をデポルティボにレンタル移籍させることを発表した。

シティは公式HPで、次のような声明を伝えている。

「コロンビア代表FWは、クラブと5年契約を結びました。選手はこれから、2016−17シーズンまでのレンタルによってデポルティボに加わります」

14歳でアトレティコ・ナシオナルに加わったモレノは、2014年10月に同クラブでプロデビューを果たした。まだ若く、出場機会こそ限定されているものの、アトレティコ・ナシオナルではコロンビアリーグ、コパ・リベルタドーレス優勝を経験。スピードとテクニックを兼ね備え、ミドルシュートも得意とするウィンガーだ。

シティのチキ・ベギリスタインSD(スポーツディレクター)はモレノについて、「ファンタスティックな将来がある。アシストも自らゴールを決めることも可能なインテリジェンスにあふれた選手だ」とコメント。一方、今季に同選手を指導するデポルのガイスカ・ガリターノ監督は「彼はプレーし続けてきたし、少し休ませなければならないね」と語るなど、リーガエスパニョーラ開幕節エイバル戦で起用するのは難しいとの見解を示している。

関連