thumbnail こんにちは,

J・コレアに続き中盤の攻撃的選手を加える

セビージャは16日、イタリア代表MFフランコ・バスケス(27)の獲得に関して、パレルモと合意に至ったことを発表した。

セビージャは公式HPで、次のような声明を伝えている。

「セビージャとパレルモは、フランコ・バスケスの移籍について基本合意に達しました。選手は今後5年間このクラブに所属することになります」

F・バスケスはセビージャのホルヘ・サンパオリ監督の母国でもあるアルゼンチン出身だが、イタリア国籍も有しており、同国の代表チームでプレーした経験を持つ。また2012-13シーズンにはパレルモからラージョ・バジェカーノにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラでのプレーも体験済みだ。

F・バスケスは卓越したプレービジョンとテクニックを有し、トップ下を本職としている。日本人MF清武弘嗣にとっては、サンプドリアから加わったMFホアキン・コレアに続いて、セビージャでポジションを争うライバルとなりそうだ。

関連