クラシコ敗戦ならベニテス解任→ジダン新監督? スペインメディアが報じる

レアル・マドリーのラファエル・ベニテス監督にとってバルセロナとのクラシコは、今後のキャリアが懸かった大一番となるのだろうか。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、クラシコで敗れた場合、レアル・マドリーがベニテス監督を解任する準備を進めていると報じている。

レアル・マドリーは前節終了時点で、首位バルセロナと勝ち点3差の2位となっている。ホームのサンチャゴ・ベルナベウで行われるクラシコに勝てば、得失点差で上回って首位に立つことができるが、敗れれば6差となり、バルセロナの独走を許すことになりかねない。

ベニテス監督は開幕当初から、戦い方が守備的だと批判されており、FWクリスティアーノ・ロナウドなどの主力選手との関係も悪化していると報じられている。こうした状況を受けてレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、ベニテス監督の去就をクラシコの結果に委ねることにしたようだ。

『ムンド・デポルティボ』は、ペレス会長はベニテス解任が現実となった場合、Bチームのレアル・マドリー・カスティージャのジネディーヌ・ジダン監督を後任に据える考えを持っていると伝えている。一方でジダン監督は、シーズン途中から指揮を執ることに難色を示しているという。

いずれにしても世界が注目する一戦だけに、敗れれば勝ち点差にとどまらないダメージが残るのは間違いない。ベニテス監督は自身初のクラシコで結果を残し、チームを首位浮上に導けるだろうか。