ネイマール、この1年で体重が4,5キロ増加

「パフォーマンスを上げるため」
バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールは、ヨーロッパに渡ってからパフォーマンスを向上させるために体重を増やしたようだ。

ネイマールは、2013年夏にサントスからバルセロナに移籍。加入当初にバルセロナの医療スタッフであるリカルド・プルナ氏から、ベストのコンディションとなるためには少し体重を増加させる必要があると指摘されていた。

ブラジル『グローボエスポルチ』の“エスポルチ・エスペタクラル”によると、ネイマールはバルセロナ加入から現在までに体重を4,5キロ増加させたという。ネイマール自身は、体重増加について次のように語っている。

「戦うための肉体的な強さやスピードを上げるための体力ができてきているよ。もっと試合中に耐えられるように、ジムでのトレーニングを増やしている」

「見栄えのためじゃないよ。僕はそんなこと気にしない。パフォーマンスを上げるためだ。ピッチ上で調子良くありたいし、ピッチ外で格好良く見られるかどうかは気にしていない」