thumbnail こんにちは,

濃さを増すモウリーニョ色

レアル・マドリーは25日、ホルヘ・バルダーノGD(ゼネラルディレクター)がクラブを去ることを認めた。フロレンティーノ・ペレス会長が記者会見で明かしている。

ペレス会長は、「我々はともに長い旅路を歩んできた。ホルヘ・バルダーノの退団が、私にとっていかに厳しいものであるかを強調したい」と述べた。

バルダーノGDは、シーズン中にジョゼ・モウリーニョ監督との確執が話題となっていた。指揮官は続投の条件にバルダーノGDの退任を要求したとも報じられている。しかし、ペレス会長は、「モウリーニョからの要求はまったくなかった」とアピールした。

同会長はバルダーノGDを信頼していたようで、「我々はホルヘのやった仕事にとても感謝している。彼の今後の幸運を祈っている」とコメントしている。

バルダーノGDの退任により、補強などはこれまでよりもモウリーニョ監督主導のものになるようだ。

関連