thumbnail こんにちは,

クラシコでの大敗もただの1敗

29日のリーガエスパニョーラ第13節、レアル・マドリーはアウェーでのバルセロナとのクラシコに0-5で敗戦した。マドリーのジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、この大敗が何も屈辱的なことではないと、淡々とした様子で話した。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。

「1チームは最高のレベルにあり、もう1チームは悪かった。これはただの敗戦だ。屈辱を受けたわけではない」

「いつだって言ってきたことだが、バルサはすでに完成されたチームだ。マドリーにはそうなるための時間が欠けている」

今季はまだ多くの試合が残されているとも述べた。

「先週は私たちの方が勝ち点1多く持っていた。しかし今日勝ち点2差がついた。それだけだ」

「昨季はインテルとともにここで戦った。グループリーグでは敗戦したが準決勝では勝利し、私たちが決勝にたどり着いた」

またモウリーニョ監督は、選手たちがこの大敗からすぐに立ち直ることを願った。

「意思の強さを持たなくてはならない。タイトルに勝ったときは喜びの涙を流すことができるが、5ゴールを決められたときには、意思の強さを持って勝利を取り戻さなくてはならない」

この試合を決定づけたのが、前半に0-2とされたことだという見解を示している。

「理屈に合わないような2ゴールを前半にプレゼントした。彼らにスペースを与えたのは、最初から考慮していたことだった。その方がカウンターの威力を強められる」

関連