thumbnail こんにちは,

アルゼンチンのマラドーナが、メッシとC・ロナウドについて言及している。マラドーナはポルトガル国籍のC・ロナウドがアルゼンチン代表だったら……と考えたことがあるほど、C・ロナウドを高く評価しているようだ。

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナが地元メディア『TyC Sports』でクリスティアーノ・ロナウドに言及している。

マラドーナはこれまで同胞の後輩、リオネル・メッシを高く評価していたが、メッシと事あるごとに比較されるC・ロナウドに対しても特別な想いを抱いているようだ。

「C・ロナウドはまさに動物だね。彼がアルゼンチン代表だったらどれほどいいかと、考えたこともある」

「あくまでレオ(メッシの愛称)が一番であることを強調しておく。彼がサッカーを楽しんでいる姿は素晴らしいね」

また、マラドーナは自身と異なりまだワールドカップを掲げることができていないメッシについて「レオは自分の力でワールドカップを手にすることができていない。ただ、彼がワールドカップで優勝できなくても、後世に語り継がれる名手であることは確かだ」と続け、メッシがあくまで“現代最高”であると強調している。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連