100キャップ記念試合での決勝点を喜ぶフォルラン

ナイジェリア戦で勝利の立役者に
ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランは、同国史上初の100キャップを達成した記念の試合で決勝点を記録したことに喜びを隠せない様子だ。

20日に行われたコンフェデレーションズカップグループB第2節の試合でナイジェリアと対戦したウルグアイは、後半にフォルランが奪ったゴールが決勝点となって2-1の勝利を収めた。試合後にフォルランは、報道陣に対して次のようにコメントしている。

「代表チームでプレーできるのはいつも素晴らしいことだし、ゴールを決められるのも素晴らしい。今日は100試合目でもあった。こういう大会で戦えるのは信じられないようなことだけど、コパ・アメリカで優勝して、その資格はあると思う」

「良いゴールだったと思うよ! インテルナシオナウでも何カ月か前に同じようなゴールを決めたかと思ったけど、オフサイドで認められなかったことがあった。今日は大事な日に決めることができて、本当に幸せだ」

ウルグアイは次のタヒチ戦に勝てば、ナイジェリアがスペインを破らない限り準決勝へ進むことができる。可能性は大きく高まったと言えるが、フォルランは油断しない様子を見せている。

「僕らは全力を尽くして勝たなければならない。これまで2試合を戦ったけど、自分たちの仕事を続けるだけだ。(スペイン対ナイジェリア戦で)何が起こるかを気にするべきじゃない」