C・ロナウド、ギリシャ戦欠場 「復帰の期日は設けず」

W杯への影響が懸念されるエース
ポルトガル代表は31日、国際親善試合でギリシャと対戦する。パウロ・ベント監督は前日会見で、FWクリスティアーノ・ロナウドが欠場すると認めた。

C・ロナウドは24日のチャンピオンズリーグ決勝で復帰し、延長戦を含む120分間をプレー。優勝に貢献してから代表に合流したが、左太ももの筋肉の痛みで練習を欠席していた。

ベント監督はC・ロナウドやDFペペがギリシャ戦を欠場すると明言。その上で、次のように話している。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。

「彼は我々と一緒にいるが、試合には出ない。復帰? 期日は設けていないんだ。我々が主に気にするのは選手の健康であり、復帰への期限を設定することはない。C・ロナウドやほかの選手たちが、できるだけうまく回復し、リスクを負わないようにしなければいけない」

また、スペイン『マルカ』は、ベント監督が次のようにコメントしたと伝えている。

「私はW杯を戦う準備ができている。C・ロナウドがいても、いなくてもね。すべてを考慮する必要がある。フィットしていない選手に無理強いさせることはできない。日々の状態をチェックする。私はどんなリスクも冒したくない」