川島、好守連発も黒星スタート

0-1で開幕戦を落とす
29日、日本代表GK川島永嗣の所属するスタンダール・リエージュは、ズルテ・ワレヘムとの開幕戦に臨み、0-1の敗戦を喫した。先発出場した川島は、好セーブを連発したものの攻撃陣の援護がなく、黒星スタートとなっている。

昨シーズンをリーグ5位で終えたスタンダールは、開幕戦で勝利を手にし2009年以来となるタイトル獲得に向け好スタートを切りたいところ。しかし、立ち上がりのピンチは川島の好セーブで凌いだものの、9分に早くも先制を許してしまう。

その後は終始攻勢に出ていたスタンダールだが、最後まで1点が遠かった。川島は終了間際の相手のロングシュートもしっかりと防いだが、0-1で試合終了。開幕戦を落としている。