ファン・ボメル、EURO後の代表引退を否定

「引退すると言ったことは一度もない」
ミランに所属するオランダ代表MFマルク・ファン・ボメルは、EURO2012後に代表から退くかどうか、まだ決断を下してはいないと明らかにした。

最近の報道では、ファン・ボメルが来年行われるEURO後にオランダ代表から引退すると示唆されていた。しかしファン・ボメルは、まだ決断を下していないと語っている。

「来年のポーランド、ウクライナ大会の後に代表から引退すると言ったことは一度もない」とファン・ボメルは、オランダ『NOS』に語った。

「私は、来年35際になり、キャリアの終わりが近づいていると言っただけだ。続けるかどうか、まだ分からない。そのときに決断するよ」