元スペイン代表L・ガルシアがインドで現役復帰

アトレティコ・デ・コルカタに加入
元スペイン代表FWルイス・ガルシア(36)は7日、インド・スーパーリーグのアトレティコ・デ・コルカタに加入することを自身の『ツイッター』などで発表した。

バルセロナの下部組織出身で、アトレティコ・マドリーやバルセロナ、リヴァプールなどでプレーしたL・ガルシア。スペイン代表としても2006年ワールドカップに出場するなど、20キャップを記録している。

2011年にはメキシコに渡り、プエブラとプーマスでプレー。今年1月には現役引退を発表していたが、現役に復帰してインドでプレーすることになった。

「僕の新たな挑戦をみんなと分かち合えるのを楽しみにしている。アトレティコ・デ・コルカタに加入することを決めた」とL・ガルシアは新天地を発表している。