韓国代表FW、G大阪移籍に近づく

移籍金1億5000万円でイ・スンヨル獲得か
Jリーグ1部(J1)のG大阪は、FCソウルのFWイ・スンヨルの獲得に近づいているようだ。韓国『スポーツ朝鮮』が報じている。

イ・スンヨルは2008年にFCソウルに入団すると、Kリーグ新人王に輝いた。2010年には韓国代表としてワールドカップ(W杯)南アフリカ大会にも出場し、ギリシャ戦で交代出場を果たした。だが昨季はFCソウルで、19試合出場1得点と調子を落としていた。

G大阪はこれまで1年間の期限付き移籍でオファーを出したが、これは拒否されていた。今回、移籍金1億5000万円での完全移籍のオファーを出しており、あとは契約書にサインするだけだと報じられている。

G大阪は今オフ、FWイ・グノを蔚山現代に完全移籍させていた。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦う上でも、新FWの獲得は大きな後押しとなりそうだ。