thumbnail こんにちは,

10番を背負うエースが離脱。それでも指揮官は前向きだ。

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ふくらはぎの負傷により、代表から離脱することとなった。

アザールは18日に行われたプレミアリーグ第29節のストーク・シティ戦をケガで欠場。それほど、重いケガではなく、ロベルト・マルティネス監督は起用できると考え、25日のギリシャ戦、28日のロシア戦へ向けて招集していたが、結局はクラブに戻ることになったと明かしている。

「エデンの欠場は大きな打撃だが、我々がどのように対処するかは興味深いよ。エデンはストーク戦の前にふくらはぎを負傷した。チェルシーからもらった情報だとそれほど重いものではなさそうだったんだ。彼は月曜日にベルギーへ来たが、結局グループで行動することはできなかったね」

「もちろん残念だ。彼はプロフェッショナルなキャプテンだからね。しかし、ケガも試合の一部だし、エデンなしは、ベルギーにとって大きなテストになるね」

ベルギーはワールドカップ欧州予選グループHで、4試合を終えて勝ち点12。4連勝でグループの首位を走っている。

ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連