ワールドカップ出場国が48カ国に?FIFA会長が新提案提示も反発は必至か

FIFAのインファンティーノ会長が新プランを発表するも…波紋を広げそうな提案内容が明らかに

FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長は、ワールドカップ本大会の出場枠を現在の32カ国から48カ国に変更する提案を表明した。

インファンティーノ会長は今年1月に行われたFIFAの会長選で、出場国を40カ国に増やすと公約していた。しかし、40カ国が参加する大会の形式として適切な形がないのではないかと批判的な声が挙がっていた。

新たに提示された大会方式では、16カ国がシード国となる。残りの32カ国はノックアウト方式の試合を行い、勝利した16カ国とシード国が現在と同じようにグループリーグを戦う、というもの。

インファンティーノ会長は「FIFAは世界中にフットボールを広げたいと考えている。ワールドカップは最大のイベントであり、(スポーツの域を超えた)社会的なイベントなんだ」と、新提案の導入に意欲を示した。

もっとも、仮に参加国を48カ国とした場合、FIFA加盟国の約4分の1が出場できる計算になること、本大会のレベルの低下か予選における競争レベルの低下が懸念されること、本大会を1試合のみで去る国が出ることなどが想定されるため、物議を醸すことは必至だと見られている。

ワールドカップ欧州予選のライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。