thumbnail こんにちは,

日本代表は23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを行っている。20日に行われたトレーニング後、MF本田圭佑が記者団の取材に応えた。

日本代表は23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを行っている。20日に行われたトレーニング後、MF本田圭佑が記者団の取材に応えた。

気候や環境について聞かれた本田は、記者からの「暑い?」との問いに「湿度、そこまで(高くない)じゃないですか」と回答。砂ぼこりについても「目が慣れるまでは、すごく必要以上にまばたきしていた。でも問題ないんじゃないですかね。やり始めたらあんまり気にならなかったです」と話した。

今シーズン、所属クラブのミランでは不本意なシーズンを過ごしている。コンディションに問題はないのかという問いに本田は「悪くないですけどね。試合勘のところだけじゃないかと思いますけど」と答え、試合に出られない状況に「いい経験をしてます」と苦笑い。

それでも、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は本田の経験を必要としている。「自分は出ると思いながら、常に最高の準備をしている。ほかの選手も含め、そういう思いで準備をしないといけない。どういうハプニングが起きるか分からないんで、交代3枠も含め、この一戦(UAE代表戦)は、ホントに総力戦になるというイメージですね」と自分の役割を意識している。また、主将のMF長谷部誠が代表から離脱したことについて話を振られると「(自分の発言は)ほかの選手も読むからね。そこまで考えないといけない。影響はないと思わないといけないし、あったとしても、ここで話すことではない」と話を切った。

その一方で、自身の日本代表招集に議論があることについては「全然いいんじゃないですか。みんながそれで盛り上がるんであれば。いずれは外れて、いずれはサッカーもやめるわけですから。なんてことない自然の摂理でしょ」と気にも留めていないことを強調する。ただ、「この時点でそういう風になるのは本望じゃない」と語気を強める。

そして「この時点でそういう風になるのは本望じゃない。自分の努力で切り開く。これまで同様、やっていくってスタイルは変わらない。ミランでもここ(日本代表)でも、自分が外されるかもしれないという可能性は、自分自身の問題。誰かのせいではなくて、自分自身に目を向けて、自分に至らないところがあるからそういう扱いを受けてる。そういう風に目を向ける努力をしてます」と周囲に惑わされない姿勢を示した。

ただ、やはり「試合勘」の不足は気になる。これについて本田は「サッカーは大げさに言ったら、10センチでゴールになったり、ボールを失ったり、ボールを取れたり、失点をしたり……。10センチね。この10センチの感覚を呼ぶのかなと思っている」と持論を展開。「この10センチは、これでもかって準備してもダメな時はダメ。当然、試合をやっていなかったら、やってみないと分かんないですね、ってなる」と続ける。

ただし、試合勘はコンディションとは別だと言う。「コンディションは、試合の数値から逆算して、試合と全く同じ負荷をかける練習で(上げることは)可能なんで、試合に出ていないとコンディションが上がらないっていうのはウソですよね。試合勘っていうのはまたちょっと(違って)、緊張感とかガチでやってくる相手っていうのは練習ではいないですから」と試合に臨む準備ができていることを強調した。

ハリルホジッチ監督から「トップスコアラー」と期待される本田。「いままでとは相手も違うし、その辺は参考にならないけども、とにかく精神的なものって言うならね、いくらでも役に立つ。状況が状況であればあるほど、役に立つと自覚してるので、それは間違いない。あとはしっかりピッチ上でね、サッカー選手である以上、やっぱり貢献したいって気持ちももちろん持っています。特に大一番ですからね。自分が出たら点取るつもりでやりますよ」と結果を出すことに意欲的だ。UAE戦についても「勝ちしかないとは言わないけど、でも負けはない」と決意を示した。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連