thumbnail こんにちは,

日本代表は、現地時間3月23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを開始した。19日に行われたトレーニング後、FW宇佐美貴史が記者団の取材に応えた。

日本代表は、現地時間3月23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを開始した。

「こういう自分自身の状況でも呼んでもらえてるんで、だからこそ貢献したいって気持ちは強いですね」と語るのは宇佐美貴史だ。所属のアウクスブルクでは不本意なシーズンを過ごしている。「アウクスブルクでは、自分本来のスタイルを封印しないといけないですが、ここ(日本代表)では、より出しやすい状況にあると思います。だからこそ、今のクラブの現状とかを見ずに呼んでもらえたのかなと思います。どうチームに返していけるか、還元していけるかだと思います。クラブでやれてることも、積み上げているものも、このチームに落とし込みたい」と、クラブでの経験を生かしつつ、代表で求められている活躍をしたいと話した。

その宇佐美は、日本代表メンバー発表の記者会見で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは「ジョーカーになる」との評価を受けた。「ジョーカー」という役割については「(日本代表では)途中から出ることが多いし、その辺は割と役割もポジションもはっきりしてるし、イメージしやすさはある」と納得している様子だ。

「自分自身に期待している」と言う宇佐美は、「普段積み上げているものが無駄になってない」ことを強調。「環境を変えた場所でやることで、自分に返ってくる部分もある。自分自身もポジティブになれたり、いい刺激をもらってクラブに還元できるものもある」とした後、「こういう自分自身の状況で、こういう場所(日本代表)に来られたことは、ありがたいですね」と、日本代表に招集されたことに感謝を述べた。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連