なでしこ、オーストラリア破り女子アジアカップ初制覇!

岩清水が2戦連続決勝弾
25日に行われたAFC女子アジアカップ(ベトナム)決勝日本代表対オーストラリア代表の一戦は、なでしこジャパンが1-0でアジアカップ初優勝を飾った。

これまでアジアを制したことがない日本。特に澤にとっては、9大会目のアジアカップ出場で初めてのアジア制覇のチャンスだった。試合は序盤に守備の連係ミスからオーストラリアに2つ決定機をつくられるも、それ以降は前線からの積極的なプレッシャーで相手のミスを誘い、日本が試合の主導権を握る。

中でもトップ下の位置から自由に動き回ってゲームを組み立てる宮間と積極的にポストに入って攻撃の起点になっていた高瀬の動きがよく、15分には高瀬がセットプレーの流れからバイシクルシュートで惜しい場面を迎えるなど徐々に得点のにおいを感じさせる展開となっていった。

すると28分、左サイドから宮間がショートコーナーを入れると、そのボールを受けた宇津木がダイレクトでファーサイドへクロスを上げる。そのボールに角度のないところから岩清水が頭で合わせ、そのボールがオーストラリアの選手に当たってゴールイン。岩清水の中国戦に続く2戦連続ゴールで、日本が先制に成功した。

その後もオーストラリアの攻撃を散発的なカウンターのみにとどめ、アディショナルタイムには先制点を挙げた岩清水が魂のシュートブロック。日本が試合の主導権を握ったまま前半を1点リードで終えた。

後半に入ると序盤からオーストラリアがペースを握る。日本のパスをカットしては鋭いショートカウンター、一度跳ね返されてもセカンドボールを拾って何度もゴールへ迫った。

68分、交代したばかりの菅澤が絶好のチャンスでシュートをクロスバーに当ててしまうと、オーストラリアはその直後に得たセットプレーから日本ゴールに迫る。右サイドからディフェンスラインとGKの間に速いクロスを送り、カーがこれに合わせてゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドでノーゴール。日本にとっては副審に助けられた形となった。

直後にはレバンダが左サイドからディフェンスラインの裏へ突破し、福元との1対1の形から倒れながらシュート。ゴールに向かったボールをに川村が滑り込み、CKに逃れて事なきを得る。

その後もオーストラリアの流れが続き、82分には連続で決定機をつくられてしまうが、最後のところで日本のDFが立ちはだかりゴールだけは死守。日本も後半はなかなかチャンスを物にできない展開が続いたが、福元や川村を中心に最後の最後まで体を張った守備で岩清水の挙げた1点を守り切り、アジアカップ初優勝を飾った。女子は3月のU-17ワールドカップに続き今年2つ目のタイトル獲得。来年カナダで開催される女子ワールドカップへ向けて最高の形で大会を終えた。