thumbnail こんにちは,

原口が所属するヘルタ・ベルリン戦で先発出場した大迫がケルン攻撃陣をけん引。

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也が18日、ブンデスリーガ第25節のヘルタ・ベルリン戦で今シーズン6得点目を決めた。

先発出場した大迫は開始早々の6分、左サイドで後方からのボールを受けると巧みなトラップからワンタッチで反転してバイタルエリアに侵入した。すると、相手ディフェンスが詰め寄る前に右足を一閃。鋭く放たれた弾丸シュートは豪快にネットへ突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

大迫にとって、第22節のインゴルシュタット戦以来となる今シーズン6得点目となった。なお、公式戦では通算8ゴール目となっている。

さらにケルンは35分、スローインを受けた大迫を起点にシュートパスを繋ぎ、左サイドに開いた大迫に再びボールが渡る。相手選手のタイミングを外してマイナス気味のパスを中央へ送ると、アントニー・モデストが左足でうまく合わせてリードを2点に広げた。大迫の攻撃センスと、ショートバウンドにうまく合わせたモデストの決定力が光った。

なお、ケルンは前半、さらにモデストのゴールでリードを3点に広げている。

ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。 ブンデスリーガのライブ&オンデマンドは DAZN.com で。

関連