thumbnail こんにちは,

代理人が先日ナポリ移籍に関する話題に言及していたが、今度はナポリ会長がユナイテッドFWへの興味を公にした。

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、現在マンチェスター・ユナイテッドに所属する誰かをチームに加えることが夢だと前ローマ市長ワルテル・ヴェルトローニ氏とのインタビューで語っている。

マンチェスター・UのFWズラタン・イブラヒモビッチの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、クライアンントがナポリを愛しており、移籍する可能性は十分にあると言及していた。元スウェーデン代表ストライカーはユナイテッドと1年間の契約延長を締結するのではないかといううわさがあるが、まだ正式発表には至っていない。この一連の出来事に、ナポリ会長はイブラヒモビッチへの興味を公にした。

「夢は契約だ。私が持っているものを使って夢を実現しようといつもトライしている。希望していることは今マンチェスター・ユナイテッドにいる大物の獲得だ。ロサンゼルスでは夕食をともにしたし、彼はいつも怒っているように見えるが、驚くほど良い男だ。誰の話をしているかわかるだろう?」

ライオラは、昨年9月にも『CRC』で「今言えることは、以前サン・パオロで行われたチロ・フェラーラの引退試合で、ズラタンが私を呼んで“ミーノ、ナポリでキャリアを終えたい”と話をしてきた」とイブラヒモビッチがナポリに興味を持っていることを語っていた。

一方、イブラヒモビッチはまだユナイテッドと契約延長をするかどうか決めていない。先月もインタビューに対して「(契約に組み込まれている延長オプションの)条件はすべて満たした。しかしまだ何も決まっていない。何が起こるか様子を見てみよう」と具体的な言葉を避けていた。

はたしてナポリ会長は夢を叶え、来夏ユナイテッドの大物をチームに迎え入れることはできるのだろうか。

セリエAのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

関連