thumbnail こんにちは,

ユヴェントスのFWディバラがクラブ愛を示す。世界最高の2クラブからの関心にも興味を示さず、ビアンコネロとの契約延長を希望。

ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、バルセロナやレアル・マドリーからの興味にも全く関心を示していない。

ユヴェントスで2年目のシーズンを迎えているディバラは、初年度のような活躍を披露できていないものの、ここ2試合で2ゴールを挙げるなど復調の兆しを見せ始めている。23歳のアルゼンチン代表FWにはバルセロナ、レアル・マドリーというリーガの2強が獲得を狙うと伝えられているが、ディバラはユヴェントスとの契約延長を望んでいると語る。

「バルセロナ? レアル・マドリー? オファーはないし、契約延長に向けて何の問題もない。僕はユヴェントスで満足だし、代理人も近いうちにトリノへ来て、契約を延長するつもりだ。ユヴェントスのことしか考えていないよ」

ディバラは今シーズン、17試合で5ゴールをマーク。ユヴェントスとの契約は2020年までとなっている。

関連