動き出したインテル…2人の王者獲得が迫る

ジョアン・マリオとガビゴルがミラノへ

インテルが2選手の獲得に迫っている。ポルトガルのスポルティングからMFジョアン・マリオが加わり、サントスからはFWガビゴルがやってくることが決定的となった。

インテルがラストスパートだ。クラブは26日、公式ツイッターでガビゴルがミラノの空港に到着した様子を紹介した。また、ジョアン・マリオもミラノに向かっているとしている。これから行われるメディカルチェックなどで問題がなければ、2人はインテルの選手になるはずだ。

インテルはこの夏、中国の蘇寧グループが筆頭株主になり、新体制が始まったところ。『Goal』の調べによると、移籍金は2人合わせて7500万ユーロを超える。

ユーロ2016王者とリオデジャネイロ・オリンピック金メダリストの加入は、フランク・デ・ブール監督に何をもたらすだろうか。