thumbnail こんにちは,

ミランFWルイス・アドリアーノの代理人は、選手が現状に満足していると明かした。北京国安への移籍はないのだろうか。

1月のマーケットで中国まで出向きながら、江蘇蘇寧への移籍が土壇場で破談となったL・アドリアーノは、ミランに籍を残した。だが、1月26日に行われたコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのアレッサンドリア戦でパフォーマンスを批判されて以降、コンディションの問題でベンチ入りせず。14日のセリエA第25節ジェノア戦でベンチに戻ったが、出場機会はなかった。

欧州のマーケットが閉まってからも、L・アドリアーノは中国移籍の可能性が報じられていた。元日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が率いる北京国安が関心を寄せているとみられている。だが、代理人のジウマール・ベロス氏は、イタリア『calciomercato.com』で次のように述べた。

「L・アドリアーノに対する中国からの新たなオファーは知らない。それはミランに聞くべきことだ。我々には江蘇蘇寧からのオファーがあったが、結果は周知のとおりだ。それ以外に話すことはできない」

「別のクラブとの合意を目指すつもりはない。L・アドリアーノはミランと長期契約(2020年まで)を結んでおり、彼はハッピーなんだ。交渉をするとしたら、それはミランの希望次第だよ。だが、私は何も知らない」

関連