thumbnail こんにちは,

ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタCEOが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の続投を強調している。長年にわたって関係を続けられると信じているようだ。

アッレグリ監督は昨季、就任1年目ながら国内で2冠を達成し、チャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出した。今季もセリエAで出遅れこそあったが、クラブレコードの15連勝を飾り、第26節を終えて首位に返り咲き。コッパ・イタリアでも決勝進出に迫り、CLでもベスト16進出を果たしている。

チェルシーが来季からアッレグリ監督を招へいするとの噂が過熱するなか、マロッタCEOは次のように強調している。イタリアメディアが伝えた。

「前進するための条件はすべてそろっていると思う。私は、アッレグリと長年にわたって一緒に続けられると確信しているよ」

「イングランドのクラブとの噂があるのは、彼のクオリティーを示しているということだ。ユヴェントスは世界レベルのビッグクラブであり、それ以上に重要なクラブを見つけるのは容易でない。サイクルが終わったと思わない限りね。アッレグリの場合はそれに当てはまらないよ。彼はウチで2年目だ。彼も最近の会見で明確にしてきたと思う」

アッレグリ監督の後任候補の一人として噂されるのが、前任のアントニオ・コンテ監督だ。イタリア代表指揮官は、EURO2016を最後にクラブチームに戻る意向とも言われている。

「コンテは多くの成功を収めた。だが、指揮官がビッグクラブに長年とどまるのは難しいことなんだ。コンテの退団? あのときのサイクルは終わりに向かっていたのかもしれないね。監督自身、ほかの刺激を求めていた」

「彼との素晴らしい関係に変わりはないし、最高の指揮官だ。彼もプレミアリーグ挑戦が騒がれているが、私は彼がユーヴェ時代のように多くの成功を収められるように願っている」

関連