パルマ、ついに洗濯も選手たちが自らの手で ロッカールームのベンチは競売に

パルマDFアレッサンドロ・ルカレッリは25日、クラブの財政難からクリーニング業者にも見放されたと明かした。一方、押収されたクラブ資産は競売物件にかけられることになったようだ。ロッカールームまで対象になっているという。イタリアメディアが報じた。

深刻な財政難から破産危機にあるパルマ。週末のセリエA第24節ウディネーゼ戦が延期となり、次節ジェノア戦の遠征も危ぶまれているが、状況は一向に改善されていない。

ルカレッリは先日、ジェノヴァ遠征の費用について、選手たちが自腹を切ると明かした。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、宿泊費用の負担などを申し出たが、ルカレッリは謝意を示しつつ、パルマの選手たちが自分たちで支払うと明かしている。

だが、状況の厳しさに変わりはない。25日、ルカレッリは次のように話している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

「遠征用のバスについては、問題ないよ。今はホテルの問題を解決しなければいけない。確かなのは、これまでレーガ・カルチョの誰も連絡をしてこなかったということだけだ」

「何か知らせはあるか? 大きなニュースはない。あるのは、もう洗濯してくれる人もいなくなったということだけだ。業者が受けてくれなくなったからね。たぶん、明日から僕らは(洗濯物を)自宅に持ち帰ることになるだろう」

すでにパルマはチームのミニワゴンや車、ジムの設備などを押収されているが、報道によるとそれらが競売にかけられるとのことだ。中にはドレッシングルームのベンチまで含まれているという。競売は3月5日に始まり、最低入札価格は2000ユーロとのこと。

日に日に深刻なニュースが伝えられる中、ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンなど元パルマの選手たちも連帯を示している。一方、ジャンピエトロ・マネンティ会長は「我々は前進する」と楽観を強調。ジェノア戦開催に自信を見せているが…。