ミラン、モントリーヴォが骨折から回復

ダービーで復帰の可能性も?
ミランは30日、クラブの公式ウェブサイトで、MFリッカルド・モントリーヴォが骨折から回復したと発表した。復帰はまだ先になるが、ミランにとっては朗報だ。

モントリーヴォは5月31日、イタリア代表の一員として臨んだアイルランド代表との国際親善試合で左けい骨を骨折。6月2日に手術を受け、長期離脱を余儀なくされた。

ワールドカップも逃したミランのキャプテンについて、手術の執刀医は「4、5カ月では足りない」とコメント。イタリアメディアは、6カ月の離脱と報じていた。

ミランが30日に発表したところによると、モントリーヴォは執刀医の診断を受け、骨折が治ったとの確認がなされたとのこと。今後トレーニングを本格的に開始し、チーム練習へと合流していくことになる。

だが、モントリーヴォが試合に復帰するには、もう少し時間が必要だ。長期離脱していただけに、コンディションを取り戻さなければならない。イタリア『スポーツメディアセット』は、11月23日のミラノダービーで起用可能になるかもしれないと報じている。