ピルロ、イタリア代表復帰 「コンテに聞かれて…」

難しい決断だったと明かす
ユヴェントスMFアンドレア・ピルロが7日、イタリア代表でのプレーを続けると明言した。

ピルロはブラジル・ワールドカップ(W杯)を最後に代表から引退すると話していたが、大会後に復帰の可能性をほのめかしていた。この夏ユヴェントスを去り、イタリア代表の新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督は先日、ピルロが若手の模範になることへの期待を口にしている。

ピルロは7日、代表について次のように語った。『スポーツメディアセット』などイタリアメディアが伝えている。

「コンテ監督と話して、代表でプレーする用意があるか聞かれた。僕はOKと答えたよ。(負傷で9月の代表戦は招集外となったが)次はいられることを願っている」

「難しい決断だったよ。代表を引退したいと思っていたからね。でも、監督から助けてくれるかと聞かれた。それができることをうれしく思っているし、何か良いことをするための助けになりたい」