インテルが4選手獲得を発表 控えGKにカリソ

ラクサールの加入は来季から
インテルは31日、クラブの公式ウェブサイトで、新たに4選手を獲得したことを発表した。ディナモ・ザグレブからMFマテオ・コバチッチ(18)、アタランタからMFエセキエル・スケロット(23)、シュトゥットガルトからMFズドラフコ・クズマノビッチ(25)、そしてラツィオからGKフアン・パブロ・カリソ(28)の4選手だ。

中盤の強化を必要としていたインテルは、30日にコバチッチ、スケロット、クズマノビッチの獲得が確実となり、31日に正式発表となった。3選手はそれぞれ完全移籍となる。一方で、カリソは負傷したGKルカ・カステラッツィの代役となる第2GKとして加入が決定。カリソはレンタルでの加入となる。

なお、インテルはデフェンソール・スポルティングMFディエゴ・ラクサールの獲得も確実と報じられている。ただし、加入は来シーズンからとなるようだ。同選手の代理人であるヴィンチェンツォ・ディッポリート氏は、「ラクサールはインテルの選手だ。事前契約にサインした。正式な移籍は7月1日からだ。ちょっとした手続きの問題からね」と話している。

また、インテルはスケロット獲得の取引で、FWマルコ・リヴァヤ(19)を共同保有でアタランタに放出している。