thumbnail こんにちは,

最終節を前に4選手がケガ

今シーズンのミランは主力の離脱に悩まされてきた。その流れは、最後の最後まで変わらなかったようだ。13日の最終節を前に、4人の選手が負傷離脱した。

クラブは10日、公式ウェブサイトで、DFマッティア・デ・シリオとDFダニエレ・ボネーラ、MFサリー・ムンタリ、GKクリスティアン・アッビアーティが負傷したことを発表した。それぞれ6日のミラノダービーで負傷している。デ・シリオは右足首、ムンタリは右ひざの挫傷。アッビアーティは右もも、ボネーラは左ふくらはぎの筋肉の損傷だ。

ミランは今季、FWアントニオ・カッサーノやMFジェンナーロ・ガットゥーゾが病気で長期離脱を余儀なくされた。FWアレシャンドレ・パトも負傷離脱を繰り返し、DFチアゴ・シウバは終盤戦で戦列離脱を強いられている。

ユヴェントスのスクデットが決まった際、FWズラタン・イブラヒモビッチは、負傷の多さに苦言を呈している。すでに2位が確定しているミランは13日、ホームにFW森本貴幸が所属するノヴァーラを迎える。

関連