thumbnail こんにちは,

「非難されて当然だが…」

2日のノヴァーラ戦後に解任されたフィオレンティーナ前監督のデリオ・ロッシ氏が4日、記者会見を開いた。

デリオ・ロッシ前監督は、ノヴァーラ戦の最中にMFアデム・リャイッチを殴ってしまった。交代を命じられて腹を立てたリャイッチに挑発されて激怒し、殴りかかっている。前フィオレンティーナ監督は4日、次のように話した。

「今日、この場に来るのは難しいことだった。こんな形で終わってしまうとはね。フィレンツェの街に別れを言いに来た。起きてしまったことは残念で、謝罪したい。ファン、クラブ、フィレンツェの街、私の選手たち、そしてリャイッチにも謝罪したい」

「私の行為はひどかった。それは間違いない。非難されて当然だ。ロッカールームでやっていればよかったのに、という人もいるが、それは関係ない。テレビカメラの前だろうと、ロッカーだろうと同じだ。しかし、一人の人間として、正当化できることだった。とにかく私は間違いを犯した。その代償を払った。そして、これからも払い続けることになる。ただ、私の周囲への敬意を失ってほしくない」

記者の質問に応じずに会見を終えようとしたデリオ・ロッシ氏は、リャイッチに何を言われたのかという問いにも答えなかった。

関連