thumbnail こんにちは,

CEOが明言

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは、0-3で敗れたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで使用した黒いユニフォームは、今後二度と着用しないと明言した。

ガッリアーニCEOは、黒いユニフォームが不運を呼び込んだと考えている。来季からは、黄色のユニフォームを使用するという。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に、「我々が再びあのユニフォームを着ることはない。アーセナル戦であれを着なくて済むようにあらゆる手を尽くしたが、ほかには裸でプレーするしか策がなかった」と話した。

「あのユニフォームを着るのは、あれが最後だ。我々は何年か黄色いのを着ていた。あの色に戻すよ」

ミランは現在、11日のホームでのレッチェ戦に備えている。

関連