モウリーニョ:「忘れられない思い出は…」

インテルでは記憶に残る瞬間がないと明かす
インテルのジョゼ・モウリーニョ監督がポルトガル『ア・ボラ』に対し、これまでの戦いを振り返っている。同監督は様々な思い出があるとしながらも、現在指揮を執るインテルでは、まだ忘れられない思い出は手にしていないと語った。


「確かにたくさんの試合をこなしてきた。記者たちはデータに目を向けるが、私は獲得したタイトルのことを見ている。現時点で14つだ。思い出?そうだな、頭の中にしっかりととどまっている思い出はあるよ」

「ウニオン・レイリアを率いていた頃のスポルティング戦で、10人で引き分けた時のことや、ポルト時代の2003年にセビージャを倒してUEFAカップに優勝したこと、チェルシーでの最初の2つのリーグ優勝とかさ。あれは50年ぶりのことだったからね」

「インテルではまだ記憶に残るような瞬間は訪れていない。私の秘訣は、満足しないことなんだ。私は新しい勝利、新しい挑戦を望んでいる」