thumbnail こんにちは,

「違いをつくれる脅威」

アトレティコ・マドリーは19日、ヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグで、バレンシアをホームに迎える。ディエゴ・シメオネ監督は、バレンシアFWロベルト・ソルダードへの警戒を表した。

ソルダードは今季のリーガエスパニョーラで16ゴールを記録している。シメオネ監督は前日会見で、次のように語った。

「ソルダードはファンタスティックな選手だ。フィニッシャーで、スピードがあり、脅威だ。違いをつくれる選手だね。我々は十分に注意しなければいけない。彼は試合の大半でゲームから消えていても、相手を痛めつけられる選手なんだ」

また、シメオネ監督は批判にさらされている敵将、ウナイ・エメリ監督にも賛辞を送っている。その上で、自分たちのことに集中していると強調した。

「彼は素晴らしい指揮官だ。見事な仕事をしている。ただ、我々は自分たちのことだけを考えなければいけない。相手には敬意を払う。だが、あくまでも自分たちへの集中は切らさない。集中が大事なんだ」

「欧州カップ戦の準決勝を再び戦うというのは、アトレティコにとって非常に大きなことなんだ。楽しまなければいけない。ここに来るまでに、選手たちはすごいハードワークをしてきたんだ。明日はスタジアムが満員になることを願っている」

関連