デル・ニド:「べスト8に進出できたなら」

好調J・ナバスについても言及
24日、セビージャはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、アウェーでのCSKAモスクワ戦に臨む。同クラブのホセ・マリア・デル・ニド会長は、ロシアの寒さを警戒しながらも、大きな幻想を抱いていることを認めた。

「私たちがベスト8に進出することができるのなら、特別な位置付けのシーズンとなるだろう。私たちは最高の喜びを得られる可能性がある」

「モスクワでは寒さに苦しむことになると思う。気温とピッチの状況に適応することがとても重要だ」

そして、チームの中心的選手であるMFヘスス・ナバスを称賛した。

「彼自身のキャリアの中で、最高の瞬間を過ごしているね。さらに成長できると思うし、その限界を感じさせない。彼には市場で価格が付けられていない。売却する気などないのだからね」