thumbnail こんにちは,

マルセイユ戦で先制ゴール

25日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグ第5節で、マルセイユと1-1で引き分けたミラン。先制点を挙げたFWマルコ・ボリエッロは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで満足感を示すとともに、最終節のチューリッヒ戦で決勝トーナメント進出を決めると誓っている。

-今日の出来はいかがですか?
「良い試合ができたと思う。あまりボールを受けられなかったけど、1得点を決めた。ほかの場面でも、もっとできたかもしれないけどね。ポジティブなドローだよ。ホームでの僕らにはまだ何かが足りない。チューリッヒへ勝ちに行くさ」

-CLでのミランはなぜホームで勝てないのでしょう?
「不思議だね。以前のサン・シーロはいつもミランの城だったんだけど。今年はちょっと苦しんでいる。マルセイユが金曜に試合をして、僕らが日曜だったというのは目に見えた。2日間の差を感じたんだ。終盤はマルセイユにちょっと押されたからね」

-今のスタメンでの状態はどうですか?
「また試合に出られるようになってうれしい。僕は1カ月半、(ケガで)スタンド観戦だったからね。ちょっとした機会を得られるようになった。幸いににも良い試合ができていて、ゴールも決めている。ケガから戻ってから、1試合も欠かしていないんだ。うれしいに決まっている」

-今夜の試合に出るという責任を負いましたね。

「そうなんだ。昨日まではひざが少し腫れていた。今朝はさらに腫れたんだ。でも、大事な試合だったし、逃したくなかったんだ。ちょっと痛みはあったけど、アドレナリンが出てテンションが高まれば、痛みは消えるのさ。実際にそうなったしね」

関連