thumbnail こんにちは,

判定を巡って激しく非難

チェルシーは6日のCL準決勝セカンドレグでバルセロナと対戦し、後半ロスタイムまで1-0とリードを奪いながら、イニエスタの同点弾を喫してアウェーゴールの差により決勝進出のチャンスを逃した。だが、ヒディンク監督が「明確なPK」と話すなど、チェルシー側はエブレベ主審の判定に不満を示している。

 

試合後、チェルシーFWドログバはエブレベ主審に詰め寄って抗議し、テレビカメラに向かってスラングを交えながら同主審を批判するなど、激しい怒りを見せた。DFボジングワは『RTP』に対して次のように述べ、チームメートと同じように不満を感じていることを激白している。

 

「この主審は買収されたんだ。彼が審判なんだか泥棒なんだかわからないよ。あの男を言い表す言葉も見つからない」

 

「僕らはみんな悲しんでいる。でも再び堂々と顔を上げなければいけない。バルセロナのゴールについては言うことない。でも、いくつかのPKが与えられなかったんだ」

 

「彼のレフェリングは正しいものではなかった。彼は二度と審判をやるべきではない」

 

※CL決勝トーナメントの組み合わせ・結果はコチラ

関連