マンチェスター・シティを支えるFOREX.com

サッカーとFXの意外な共通点?
イングランド・プレミアリーグを制したマンチェスター・シティFC(以下マンチェスター・シティ)は、現在のサッカー界をリードするトップクラブの一つである。サッカーの本場で120年を超える歴史を持つ伝統あるクラブは、2011年に世界最古の歴史を持つカップ戦のFAカップを制し、その翌年にプレミアリーグを制覇。そして、2013ー14シーズンもプレミアリーグの頂点に立った。

その名門クラブをサポートするのが、クラブの公式オンライントレーディングパートナー、フォレックス・ドットコム(以下FOREX.com)である。

サッカークラブとFX(外国為替証拠金取引)を扱う金融取引会社――。一見、なんの関係もないと思われるかもしれない。しかし、意外なほど共通点は多い。

サッカークラブは、オーナー、監督、選手が一丸となり、ファンとともに勝利を目指して試合に臨むものだ。FXでは、あなた自身が「オーナー」となり、監督を選定し、選手の獲得・放出を決め、目標に向かっていくようなものだと捉えることができる。

とはいえ、オーナーの力のみで勝利をつかむわけではない。白星を手にするためには、オーナーをサポートする優秀な人材と、環境の整備が重要だ。強豪サッカークラブの主役は、優れた監督と選手。そして快適なスタジアムである。FXにおいても、優れたパートナーや快適な投資環境が必要不可欠ということだ。

また、サッカーとFXは、「勝利」のために必要なものも非常によく似ている。



こうした要素をオーナーがしっかりと把握し、「クラブ」をいかに充実させるかが、勝利のカギだ。

http://jp.forex.com/jp/campaign/2014/goal.shtml


成功を収めるクラブは、決まってこの「勝利のカギ」を手にしたチームである。プレミアリーグ制覇を成し遂げた今シーズンのマンチェスター・シティを例に挙げてみよう。

「決断力」と「忍耐力」のバランスは、サッカーにおいてもFXにおいても、最重要ファクターの一つだ。今シーズンのマンチェスター・シティは、新監督を迎えてのスタートだった。マヌエル・ペジェグリーニだ。

2012年7月、マンチェスター・シティは当時の指揮官だったロベルト・マンチーニと5年の長期契約を交わした。しかし、昨シーズン終了を待たずに指揮官交代に踏み切っている。5年後にどうなっていたかは誰にも分からない。ただ、オーナーは『5年後、望んでいる姿になっているために適切な道程にいない』と判断したからこそ、「決断」した。

「決断」と「忍耐」のどちらかを選ぶ際、「情報力・分析力」が物を言う。サッカー界、もしくはプレミアリーグのトレンドと現チームのサッカーを鑑みて、何が不足して、何がストロングポイントなのか――。その情報が明確であれば、簡単に決断ができるし、大船に乗ったつもりで我慢することができる。しかし、情報が不足していたり、情報が足りていたとしても、それを分析して導き出した答えに不確かなところがあれば、決断は鈍り、不安にかられながら耐え忍ぶことになる。

4月13日、マンチェスター・シティはリヴァプールとの天王山を落とし、3日後にはサンダーランドと引き分けた。ここで多くの人は、マンチェスター・シティが優勝争いから脱落したと見ている。だが、ペジェグリーニ監督は「これから先、ライバルも勝ち点を落とすときがくる」と、どっしりと構え、首位浮上の機会を待った。1つの勝敗に一喜一憂していては、つかむべき機会は通り過ぎてしまう。こういう「忍耐」も必要だ。

雑な「シミュレーション」に意味はない。相手はこういうサッカーをするチームだと「情報」を集め、それならここを抑えれば止められる、ここを狙えば決められると「分析」した上で、「シミュレーション」を繰り返し、研磨されていく。正確な情報に基づいて「シミュレーション」することで、勝利の方程式を見いだせるかもしれない。

リヴァプールでは、“SAS”と呼ばれるルイス・スアレスとダニエル・スタリッジのアタッカーコンビがゴールを量産して、リーグを盛り上げた。リーグ得点ランキングの1位と2位が、この“SAS”である。しかし、チーム全体ではマンチェスター・シティがそれ以上にゴールを挙げた。ここには今シーズンの成功のカギとなる「リスク管理」が存在している。

セルヒオ・アグエロは、ピッチに立てば圧倒的な存在感を見せた。しかし、チャンピオンズリーグも戦う過密日程も影響し、エース不在の時期は決して短くなかった。それでも、エディン・ゼコがアグエロに迫ろうかというゴール数を記録している。サッカーにもFXにも、不測の事態は付き物。そういったことが起きないことの方がめずらしい。予期せぬ出来事を不運の一言で片付けてしまっては、手元に残るのは後悔のみ。ならば、あらかじめ不測の事態に備えることで、成功をつかめばいい。一発勝負のカップ戦ならまだしも、長期にわたるリーグ戦では、リスクを最小限に抑えなければ、最終的な結果には届かないものだ。

オーナーに求められることは、ピッチ上よりピッチ外のことの方が大きい。そういった意味では、市場を見続ける継続的な「集中力」は大切だ。常に移籍市場の動向をチェックしていなければいけない。そして、機会があれば一気に動く準備をしておく。たとえ「情報」と「分析」を重ねた結果、『中盤には選手Aを獲得しよう』と結論が出たとしても、『Y・トゥーレが移籍するかもしれない』という市場の動きが見えたらどうだろうか? その一瞬を見逃さない集中力、そしてすぐに方向転換する「フットワーク」を持って獲得に動ければ、これもまた成功への近道だ。

「決断」と「忍耐」は、主にオーナーの役回りだが、餅は餅屋。現場を指揮する監督に聞くのが手っ取り早い。信頼できる有能な監督がいれば、オーナーの意思決定はより簡単になる。

FOREX.comは、つまり、FXにおける有能な監督であり、快適なスタジアムだ。勝利を目指すオーナーの信頼できるパートナーとして、素早く情報を集めて分析し、快適な投資環境を提供する。

FXに参加するあなたを力強くサポートするプロフェッショナル集団、それがFOREX.comなのである。

http://jp.forex.com/jp/campaign/2014/goal.shtml