thumbnail こんにちは,

ガラタサライの元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキが、ヴィッセル神戸に完全移籍で加入する。

ヴィッセル神戸はガラタサライ(トルコ)に所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキが完全移籍で加入すると発表した。

中国の“爆買い”が世界的に注目を集める中、Jリーグにも大物選手がやってきた。ポドルスキはドイツ代表で129試合に出場して48得点を記録した実績を持つトップクラスのプレーヤーだ。近年、Jリーグに加入した外国人選手の中では、南アフリカ・ワールドカップMVPのディエゴ・フォルラン(元セレッソ大阪)に並ぶビッグネームで、中国スーパーリーグ行きもうわさされる中で新天地に日本を選んだ。

ポーランド系ドイツ人のポドルスキは2003年にケルンでキャリアをスタートさせると、鋭いドリブルと強烈なシュートを武器に頭角を現した。06年までにリーグ戦81試合に出場、46得点という優れた成績を残した結果、欧州屈指の強豪バイエルンへ移籍するチャンスをつかむ。

バイエルンでは当時監督を務めていたフェリックス・マガト氏から信頼を勝ち取れず、故障も重なったことで満足な結果を残せなかったが、09年にケルンへ復帰してから再び輝きを取り戻し、11/12シーズンにはリーグ18得点を記録。シーズン終了後にイングランドの強豪アーセナルへ移籍した。プレミアリーグでは19得点を記録。以降はインテル、ガラタサライと渡り歩き、新たな活躍の場として選んだのが日本、Jリーグとなった。

ドイツ代表としてはワールドカップとユーロに3大会ずつ出場。2014年のブラジル・ワールドカップでは母国の24年ぶり4回目となる優勝に貢献していた。なお、ポドルスキは世界的に人気なサッカー漫画『キャプテン翼』のファンとして知られている。

神戸の代表取締役会長、三木谷浩史氏は公式サイトを通じ、「このたび、世界的なストライカーがヴィッセル神戸に加わることを大変嬉しく思います。ポドルスキ選手は ケルン、バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、インテル・ミラノ、ガラタサライと欧州各国の名門クラブの主力として活躍してきました。ドイツ代表では129試合に出場し48得点を挙げ、FIFAワールドカップでは、2006年大会で最優秀若手選手に選ばれ、2014年大会で優勝するなど数々のタイトルを獲得したワールドクラスの選手です。ヴィッセル神戸が優勝を勝ち取るために、ポドルスキ選手が大いに活躍してくれることを期待しています」とコメントした。

また、「先に発表した楽天とFCバルセロナとのパートナーシップも合わせ、Jリーグ、日本サッカー界がよりグローバルな視野を持って発展するきっかけとなることを目指します。今後もヴィッセル神戸へのご声援をよろしくお願いいたします」とポドルスキ獲得に至った神戸の方針も説明している。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。 Jリーグのライブ&オンデマンドは DAZN.com で。

関連