元女子サッカー選手、田村奈津枝さんが交通事故により死去

日本サッカー協会は、JFAナショナルトレセンコーチの田村奈津枝さんが交通事故に巻き込まれて死亡したと発表した。

日本サッカー協会(JFA)は2月15日、JFAナショナルトレセンコーチ(関東地区担当)田村奈津枝さんが交通事故に巻き込まれて死亡したと発表した。田村さんは34歳だった。

JFAの発表によると14日午前10時ごろ、愛媛県四国中央市新宮町の高知自動車道上り線の大影トンネル入り口付近で車6台がからむ衝突事故が発生し、乗用車を運転していた田村さんがこの事故に巻き込まれた。

田村さんは、高校時代にサッカーを始め、日本体育大学を卒業後、日テレ・ベレーザ、INAC神戸レオネッサでプレー。日テレ・ベレーザに在籍していた2006~2007年は、東京ヴェルディスクールのコーチも兼任。神戸に在籍中の2008年にはJFAこころのプロジェクトに参加し、神戸市内の小学校で夢先生を務めていた。

現役引退後は、株式会社ファンルーツアカデミースクールコーチ、日本体育大学女子サッカー部コーチなどを歴任し、2015年からJFAアカデミー今治のコーチとして活躍。2017年2月に関東地区担当のJFAナショナルトレセンコーチに就任したばかりだった。

JFAの田嶋幸三会長は訃報に際し、「突然の訃報に大きなショックを受けています。ご家族、そして本人の無念さを思うといたたまれない気持ちです。日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修事業でドイツ・フライブルクでの研修も受けてもらい、能力が高いからこそ、今回、関東地区のナショナルトレセンコーチをお願いしました。指導者としてのキャリアを積んでいる矢先にこのような痛ましい事故に遭い、命を落とされてしまったことは、残念でなりません。日本サッカーにとって大きな損失だと思っています。心からのご冥福をお祈りいたします」とのコメントを表明している。