thumbnail こんにちは,

「フランスは全員で挑戦に出ている」

フランス代表MFマシュー・ヴァルブエナは、EURO2012で控えに回ることに不満を見せず、チームの勝利を優先する姿勢を示している。

フランスでは、先日MFジェレミー・メネスがベンチスタートであることに不満を漏らしていた。だが、同選手はフランス代表として優勝を目指す意思も見せていた。

ヴァルブエナは、フランス『RMCスポーツ』に「それは皆、スタートから出たいと思っているよ。でも、僕たちは全員で挑戦に出ているんだ」とメネスへの理解を示しつつ、組織として戦う必要性を強調した。

「大会に入ったら、試合に出る選手と出ない選手が存在する。それは当然のことだ。でも、大事なのは呼ばれたときに備えて準備しておくこと。僕は、この“準備”が非常に大切だと思っている」

フランスは、グループD第1節でイングランドに1-1と引き分けた。その結果、スウェーデンに勝利したウクライナに次いで、2位につけている。

関連