thumbnail こんにちは,

アブラモビッチ氏に不満なし

パリ・サンジェルマン(PSG)のカルロ・アンチェロッティ監督は、リヴァプールFWルイス・スアレスに興味を持っていることを認めている。

『PA』とのインタビューで、L・スアレスの獲得を望んでいるかと問われたアンチェロッティ監督は、「スアレスは良いストライカーだ。イエスだ」と答えている。

アンチェロッティ監督はまた、「1月にも興味を持っていたが、6月に別の解決策を見いだせると思っている」とチェルシーからMFフローラン・マルダを獲得する意向を明らかにした。

2冠達成からわずか1年でチェルシーを退団したアンチェロッティ監督だが、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏に不満は抱いていないと主張している。

「チェルシーと契約したときからはっきりしていた。勝てなければ、去らなければいけない。だから驚きではなかったよ」

関連