KNOW YOUR RIVALS:グループEと日本を他国はどう見るのか

日本はやはり楽な相手か? あなたの意見は?

32カ国のグループリーグ組み合わせが決まったワールドカップ(W杯)。これに合わせ、Goal.comの新企画「KNOW YOUR RIVALS」(ライバルを知るべし)もスタートした。今回の抽選を受け、世界中にネットワークを張り巡らせるGoal.comの各国代表の担当者が、この組み合わせを評価した。共通の設問は、

1、この結果に満足か。また、その理由は。
2、最終順位はどうなるか。
3、グループのトッププレーヤーは誰か。

さて、日本代表とぶつかる各国では、どのようにグループEを捉えているのか、見てみよう

オランダ

1) イエス。もっと悪い組み合わせに入ることもあり得た。私の祈りは聞き届けられた(ポルトガルと一緒にならずに済んだ)ので、良かった。最近、日本には親善試合で3-0と勝利した。デンマーク代表については、多くの選手を知っている。エールディヴィジでプレーする選手が多いからだ。カメルーンはタフな相手ではあるが、倒せないということはない。これは良いグループだ。特にデンマークと一緒に勝つことができたなら。

2) 私たちは楽観的なので、このグループを勝ち抜けると思っている。2位は、カメルーンとデンマークのタフな方だろう。たぶんアフリカのチームが2位になるのでは。日本のエディターには残念なことに、日本が次のラウンドに進むのは難しいだろう。

3) トッププレーヤーはサミュエル・エトー(カメルーン)だ。昨季にチャンピオンズリーグで優勝したバルセロナの一員だったし、ワールドクラスのゴールスコアラーだ。

デンマーク

1) 抽選結果にとても満足している。オランダはFIFAに世界で3番目にランクされて、欧州予選を全勝で通過したチームだ。だが、少なくとも引き分けるチャンスはある。彼らを恐れはしない。私たちにとっては未知のチームではあるが、日本は倒さなければならない相手だ。カメルーンも、アフリカでランクが最も高いチームだ。でも、やはり我々にもチャンスはあると思う。

2) 最終的にはオランダが勝ち点7で首位、デンマークが同5で2位となり、同4でカメルーン、勝ち点ゼロで日本、と続くのではないか。

3) ファン・ペルシ(オランダ)は、間違いなくグループEのベストプレーヤーだ。経験豊富で、イングランドのトップチームの一つであるアーセナルのゴールスコアラーとして、その実力を証明している。これはつまり、最高レベルの舞台での得点の仕方を知っているということだ。ワールドクラスのDFに対しても、うまくプレーできる。オランダがどんどん勝ち進んで行ったなら、ケガさえなかったならば、彼の貢献度は相当なはずだ。

カメルーン

1) 明らかにオランダが候補筆頭であることは別にして、「不屈のライオン」にとってフェアなドローだったと思う。カメルーンはデンマークよりも良いチームだし、日本に対しても良い結果を残した。コートジボワールの“従兄弟”たちよりも、ずっと良い抽選となった。決勝トーナメント進出は堅いのではないか。カメルーンが実力を出し切れば、疑いなくグループのトップに立てる。デンマークと日本が、過去のアフリカとのチームとの対戦でどれだけ苦い思いをしたか知っていることも、満足感を強くする。だが、6月の大会までのシーズンで60試合以上こなしてきた選手たちのフィジカルコンディションがどうかは、大きく高い壁となる。そのときが来れば分かるだろう。

2) もしもオランダが誠に簡単にトップの座に座れると信じられているならば、カメルーンに驚かされることになるはずだ。彼らは勝ち抜けるし、少なくとも2位にはなれる。3位に来るのは、デンマークではなく日本なのでは、というのがより自然な考え方だ。デンマークは最近、国際大会で輝きを放ったことはない。

3) サミュエル・エトー(カメルーン)だろう。今年のバロンドールの投票でも、5位に入った。現状で、この惑星のベストプレーヤーの一人に数えられるだろう。まだ衰える様子も見えない。もちろん、彼のW杯でのパフォーマンスは、年明けにアンゴラで開催されるアフリカ・ネーションズカップのパフォーマンスをもろに引きずることになるだろう。もしカメルーンがアフリカ予選最終戦で見せたようにプレーしたら、この夏に入れられる力となる。

あなたの意見は下のコメントボックスから書き込んでください。