thumbnail こんにちは,

バイエルンのキャプテンを務めるDFラームが、シャビ・アロンソとともに今季限りで現役を退くと独誌が報道。クラブはSDとして迎える準備を行っているという。

バイエルン・ミュンヘンのキャプテンを務める元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが、今シーズン限りで引退を表明する可能性がある。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。

先日、バイエルンの中盤を支える元スペイン代表MFシャビ・アロンソが今シーズンいっぱいで現役を退くと伝えられた。18年間に渡って過ごした選手生活に終止符を打つことをすでにクラブ幹部へ明かしていると報じられていたが、加えてラームもキャリアに幕を下ろす可能性があるという。

アロンソより2つ年下のラームだが、以前からいかなる可能性も否定していない。2018年まで契約を残しているものの、「キャリアを終える正しい時期を見極められるようにしたい」と話し、引退も匂わせている。

また、ラームは現役引退後もサッカー界に残ることを希望しており、引退後はバイエルンのSD(スポーツ・ディレクター)に就任すると見られている。

バイエルンは昨シーズン、マティアス・ザマー氏が退任して以降、新たなSDを据えていない。ボルシア・メンヒェングラドッドバッハの敏腕SDマックス・エーベル氏が候補者に挙げられている一方で、ラームが最有力候補という見方も多い。

いずれにしろバイエルンにとってアロンソ、ラームといったチームを支えるベテランが一度にピッチから離れることになれば、痛手となることは間違いない。

ブンデスリーガのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。 ブンデスリーガのライブ&オンデマンドは DAZN.com で。

関連