内田、『キッカー』誌の今季前半戦ランキングでサイドバック部門7位

「すべての面において改善した」
ブンデスリーガを対象としたドイツ『キッカー』の今季前半戦ランキングが発表された。期待を集めるシャルケDF内田篤人は、サイドバック部門で7位に入った。寸評でも「すべての面において改善された」と、高い評価を得ている。

シャルケに所属する日本代表DF内田篤人は、ドイツ『キッカー』が発表した2014-15シーズン前半戦のサイドバック部門におけるランキングで7位に入った。寸評では内田は「すべての面において改善した」と評されている。

今季の内田は負傷により出遅れた。今季初出場を第5節まで待たねばならなかったが、その後はほぼ全試合にフル出場。リーグ戦では3アシストを記録するなど、数字もしっかり残している。

そんな右サイドバックに、『キッカー』は次のような寸評を記した。

「シャルケの右サイドバックはすべての面において改善され、主力選手へと成長した。ロベルト・ディ・マッテオ監督が採用する3-5-2システムへの移行も、この日本人選手にとってアドバンテージとなる。相手ボールに対し守備の強さを発揮できることに加え、攻撃参加の動きはサポートを受けられている」

「ポジショニングミスが少々あり、シャルケがヨーロッパの舞台でチームとして見せた姿が今ひとつだったため、さらなる高い評価にはつながらなかった」

同ランキングの1位に輝いたのは、唯一「インターナショナル・クラス」と評価されたバイエルン・ミュンヘンDFダビド・アラバだ。2位にはヴォルフスブルクDFリカルド・ロドリゲス、3位にはボルシア・メンヒェングラッドバッハDFアルバロ・ドミンゲスが続いている。

また4位にはバイエルンDFフアン・ベルナト、5位にはアウクスブルクDFポール・フェルハーフ、6位にはバイエルンDFラフィーニャがランクイン。順位づけの対象は7位の内田に次いだ8位のケルンDFパヴェル・オルコフスキまでとなっている。